ニュース

お知らせ

オート狩りと現金取引(RMT)に関するポリシーのご案内【2020/04/03 17:30 更新】

Tree of Savior Japan 公式

/

2020年 04月 07日

啓示者の皆様、こんにちは。

日頃より『Tree of Savior Japan』をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

 

本日は自動で狩りを行う『オート狩り』と現金取引(RMT)に関するポリシーについてご案内させていただきます。

 



【オートで行う狩りについて】

 

まず、直接プレイせず不適切な方法を使用し狩りを行う所謂BOTと呼ばれる狩りに関するポリシーについてご案内させていただきます。

ルールを守り楽しくプレイしてくださってるユーザー様に被害が及ばぬよう、異常なオート狩りを行ったか否かについて、運営者がゲーム内で直接確認を行います。

(ユーザー様の間で交わされた会話だけでは判断・制裁を行いません)

持続的な攻撃・移動・スキル使用等の活動が行われているキャラクターに対し、運営者が該当するキャラクターを一定時間の注視より、 オート狩りと見なされた場合は制裁対象になることがあります。【2020/04/03 17:30 更新】

【追加内容】

・オート狩りのために、別途プログラムやハードウェアを使用すること。また、それらを利用してPCを何台も同時に操作しながら2つ以上のアカウントを同じように動かす行為も不適切な方法と見なされます。


制裁措置の内容は以下の通りです。

 

・1次対応:7日間利用停止

・2次対応:14日間利用停止

・3次対応:永久停止

 

 



【現金取引/RMT(リアルマネートレード)について】

 

ゲーム内アイテムやシルバーなどを現金と交換する行為は、原則として禁じられております。

これらに対する確認は、直接的な取引やマーケット利用等の経由でアイテムやシルバーが移動する過程において、実際の相場とは大きく異なる価格で安すぎる、もしくは高値に交換される場合に調査対象となります。

無論、友人同士の間で価格の設定ミス等の場合があるため、通常では1回の取引だけでRMTだと判断いたしませんが、

非対称的な取引が頻繁に発生したり、累積金額が高額であったり、同一IPによる多アカウントのアクセス状況などの関係があった時、

これらのようなアカウントはRMTアカウントと判定され、警告せずに永久停止の措置を行う場合があります。

 


 

【現金取引/RMT(リアルマネートレード)についての調査の流れ・例の説明】

 

ゲーム内のアイテム及び財貨が相場に合わない非対称的な価値で交換・移動されることをRMTの一部と見なし、これに対する事前調査に着手する。

TOSでは一般的にシルバーの直接取引が不可能となっている為、多くのRMTアカウントはマーケットを通じて取引を行っている。故にマーケットでの非対称的な価値の取引が一番体表的なRMTの形の一つであるが、この部分に関して多くの問い合わせを受け付けている。

 

下記はその説明を兼ねた例である。

・価値の低いアイテムを相場と多くの差がある値段でマーケットに登録(シルバーを買い求めるアカウントA)

・正常なプレイヤーであれば購入しないこのようなアイテムを「シルバー販売者アカウントB」がマーケットで購入することでRMTを行う。(シルバーは「B→A」に移動される。)

・無論、該当するアイテムの価値を分からなかった場合や、間違いで販売時に数字を多く記入する状況もありえる。ただし、このように非正常的な値段で登録されたこと自体では制裁の対象にはならないが、登録されたアイテムが「取引完了」されたなら調査の対象となる。

 

調査はいくつかの内容をを含めたあらゆる事項を交差検定して最終的に制裁の決定に至る。

・上記した「非正常・非対称な取引完了」が多く、または繰り返して発生している場合

・上記した取引を完了した購入者又は販売者が「BOT・RMT業者」と疑われる場合(クラスビルド、ゲーム内の行動パターン、全取引履歴、IP情報など)

・実例として、本人のサブアカウントもしくは家族/友達のアカウントと取引したと主張している場合もありましたが、関連しているアカウントとその周りのすべてを調査しアカウントの正常なまたは非正常な部分を取り調べている。

・万が一、サブアカウントと取引したことが事実だとしても、これがゲーム内で許容する範囲は該当サブアカウントが「正常的なプレイ」を行っていてこそ問題がないため、ただ単調な動きで繰り返しシルバーを集める行為を行いその過程で「BOT」と疑われるパターンや他のプレイヤーの通報があれが、この疑いの注視から完全に自由にはなれない。

 


 

本内容は示範適用期間を経て最終確定をする予定です。

すべての啓示者様には、本内容を熟知していただき被害を受けませぬよう、くれぐれもご留意ください。

 

今後とも『Tree of Savior Japan』をよろしくお願い申し上げます。

 

『Tree of Savior Japan』運営チーム